So-net無料ブログ作成
検索選択

MSXのFDD不調 [MSX]

MSX TurboR FS-A1STを入手した。前の持ち主が改造したのか?、FDD用のコネクタがついていたり、RGB用のコネクタがついていたり、本来、メインメモリは256kBであるところ、512kBに増設されていたりした。そして、案の定、FDDが故障していた。
ググってみるとMSXのFDDはゴム製のベルトで駆動しており、このゴムの劣化が起因となってFDDが故障するらしい。というわけで、早速、ゴムベルトを入手した。ゴムベルトはPasanonic DFWV75C0009である。ヤフオクから入手した。たぶん、地方に住んでいる人はヤフオクから入手するのが手早いと思う。
中を開けてみると、確かにゴムベルトが切れていた。
IMG_0295.jpg
交換して戻したが異音がしてFDDを読み込まない。再度、FDDの駆動が見えるように分解して、フロッピーディスクを入れて読み込ませる作動を数回行った。結果、ヘッド部分を動かしているモータとギア部分の不調により、ヘッドを正しく制御することができず、モータを不必要に回転させていることがわかった。困った。どうしよう・・・・・、とりあえず、ギア部分のグリスが固まっていたのでグリスを綺麗に取り除いた。結果、異音もせず(とは言っても時々、異音がして読み込みエラーが起きる)動くようになった。
完動ではない。いずれにせよFDDを交換するか外付けを買うか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。