So-net無料ブログ作成
PowerBook G3 ブログトップ

メモリ増設 [PowerBook G3]

Power Machintosh G3 MT266をヤフオクで落とした。Mac OS8.1がインストールされていたので、Mac OS9.2.2に入れ替えた。さて、中を開けて見てみると、メモリが3枚ささっている。64MB、128MB、128MBで、320MBってあれ?、パソコン上では192MBになっている。ヤフオクで落とした時の説明は、192MBである。
メモリを一旦取り外し、もう一度、差し込む。再起動・・・・・、あれ?、再起動しない・・・・・、ポーンの音がしない。いや、スピーカーから時々、ガッガーと嫌な音がする。
押入れに昔のパソコン(PentiumII DOS/V)が眠っているので引っ張り出して、メモリを差し替えつつ、再起動を繰り返す。相性の問題なのか?、メモリが壊れていたのか、128MB×3枚の組み合わせて起動させることができた。メモリ384MBである。

PowerBook G3 PismoのSSD化 その2 [PowerBook G3]

PismoのHDDが昇天したので、64GB IDEのSSDに交換した。
MacBookProG3-2.jpg

パーテーションを2つにして、まずはOS9.0.4をインストールした。ここまでは順調。次にOSX10.4(Tiger)をインストール・・・・、あれ、途中で止まって先に進まない。仕方がないので強制終了させ、もう一度インストール・・・・、今度はインストールが終了し再起動後、「停止マーク」が表示されて、それ以降先に進まない。いろいろ試してみたが、結局、「停止マーク」が表示されてしまう。心の中で、OS9を使ってみたくて購入したのだからTigerはあきらめたら・・・と思い始め、ふっと、OS9を起動させ、Disk First Aidにてハードディスクのチェックを行ったところ、OS9を入れている方にエラーがあると表示された。これが原因?、修復を行った後、Tigerをインストール。今度は正常に起動された。一体、何だったのだろう?
気を取り直して、Tigerを10.4.11にUpDateし、その後、OS9.0.4を9.2.2までUpDateさせた。しかし、古いOSをUpDateさせるのは非常に難しい。リンクが切れていたり、自動アップデートできなかったりする。そもそも、こんな古いパソコンをネットに繋げたいとは思わない。実は、Pismoの情報をネットで探していた時に、OS9からOS9.2.2へアップデートする方法が記載されたページを見つけたのである。そのページでは「macintoshgarden.org」というサイトを紹介していた。そのサイトから、OS9とOSX10.4のアップデートをダウンロードすることができた。
さて、SSDに交換したが、起動は早くなったような気がする程度である。しかし、インストールなどは画期的に早くなった(ような気がする)。そして、音は非常に静か。

PowerBook G3 PismoのSSD化 その1 [PowerBook G3]

PowerBook G4 Titaniumが欲しいと思っていたが、Pismoが目に入った。TitaniumよりPismoの方が古いので先にPismoを買った方が良いのでは?悩んだ末に、Pismoを買ってしまった。購入したPismoは
型番: M7633J/A
CPU: PPC G3 500MHz
Memory: 1GB (PC-100 SO-DIMM)
HDD: 40GB (IDE) , DVD-ROM
AirMac: あり
FireWire400: x2
USB: x2
PC Cardスロット: x1
OS: 9.0.4
である。バッテーリーは既に死亡。ただ、起動はするのでPRAM用内部バッテリーは生きているようである。Pismo到着後、パーテションを2つに分け、OS9.0.4をクリーンインストールし正常に作動することを確認、次に、OSX 10.4(Tiger)をクリーンインストールし正常に作動すること確認した後、OS9.0.4で再起動しOS9.2.2にUpDate中、トラブルが発生したのである。ハードディスクから異音が・・・・・、そして、完全に昇天しました。まぁまぁまぁ、元々、IDEのSSDに交換するつもりだったので問題ない、そう自分に言い聞かせた。が、自分でハードディスクの交換ができるのか?可能か否か検討する為にハードディスクを取り出すところまで作業を行うことにした。
分解するあたってYouTubeの「Making a powerbook G3 work 2013 - Wi-Fi」を参考にした。ちなみに、分解するには精密ドライバーと星型のドライバー T8が必要である。Pismoは分解しやすい構造となっており、その美しさに惚れ惚れする。ちなみに、私がパソコンを分解して一番感心したのは、EPSONのPC-386である。分解しやすく組み立てやすい。そのパソコンは会社を転職するときに同僚にあげてしまった。今思うと、ちょっと後悔している。う、PC98も欲しい・・・・・。
交換できることを確認後、AmazonにてTranscend 64GB IDE(TS64GPSD330)をポッチっと押した。さて、内部を見て思ったことは、メモリーカードにささっているメモリーが異様に大きいことである。これって古いよね?まぁ、Pisom自体、もう古いMacだけど。
MacBookProG3-1.jpg

PowerBook G3 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。