So-net無料ブログ作成
検索選択
PowerBook 2400c ブログトップ

OS8.0にする [PowerBook 2400c]

MacOS.jpg

MacOS8.0を入手したので、MacOS7.6からMacOS8.0にUpGradeした。予想した通り、SYMANTEC C++は問題なく作動した。MacOS8.0にした感動はなかったが、若干、MacOS9.04の時よりかはサクサク動くような気がするし、起動は7.6や9.04と比べて早いような気もする。バッテリーは既に虫の息で、AC電源がなくても起動はするがOS上では残りゼロである。今は放置プレーは良くないと思いコンセントに差しっぱなしの状態。ちなみにインストールしたプログラムは、
Microsoft Office 98
ファイルメーカーPro 3.0
・クラリスワークス 4.0
・SYMANTEC C++ 8.4J
・REAL BASIC 3.5

今、MacPookPro 15 Retinaを仕事で使っている。このパソコンは処理も早く、画面も綺麗、大きさもちょうど良く、重さも感じない。非の打ち所がないが、なんだろうねぇ〜?ふと、昔の Macが恋しくなるこの感じは?
PowerBook 2400cは、VGAコネクタがあるので外部モニタープロジェクターにつなぐことができる。幸い、Office 98にはPowerPointが入っているので、何かのプレゼン時に使えば、社内皆んなからのヘンタイ度がUpすること間違いないだろう。

OS7.6にもどす [PowerBook 2400c]

そういえば、OldMacでプログラミングがしたくて、プログラムのソフトをネットオークションで落としていたことを思い出した。押入れを探してみると、SYMANTEC C++とREAL BASICが出てきた。とりあえず、PowerBook 2400にSYMANTEC C++をインストールして、定番の”Hello World!!”を入力してみた。コンパイルはできるが、その後、ビルドして実行するとエラーで落ちてしまう。SYMANTEC C++はPowerPC用であるが、68Kにも対応している。MacOSは8までは68Kでも動作するが、8.5以降からPowerPCのみとなる。そこから推察すると、MacOS8までの対応であろうか?今、PowerBookはMacOS 9.04。う〜ん、考えた末に、MacOS7.6に戻すことにした。そこで、気がついたことがある。CD-ROMから起動する場合には、電源スイッチを押すと同時に”C”キーを押すが、OSをインストールした後にはOS用にドライバーをインストールする必要があることである。使用しているCD-ROMドライブは、PIONEERのPCP-PR24なので、PIONEERのホームページからドライバー(Pioneer CD-ROM 2.40)をダウンロードして使えるようにした。もちろん、SYMANTEC C++をインストールし、”Hello World!!”を表示させることができたことは言うまでもない。
C++.jpg

PowerBook 2400C/180 [PowerBook 2400c]

PowerBook G4 Titaniumが欲しいと思っている今日この頃。そうだ、眠っているPowerBook 2400Cを起こしてみよう!!と思い、久々に電源を入れてみた。持っているPoweBook 2400Cは数年前にオークション落としたもので、2400C/180、メモリ 80MB、HDD 1.3GB、OS 9.04である。SCSIMOドライブで中に入っているデータのバックアップをとろうとして四苦八苦。ネットで調べた結果、どうも、OS9でMOドライブを認識させるにはB's Crewが必要とのこと。そして、なんと、製作元であるビー・エイチ・エーは既に倒産しているので、どこからか中古を探してくるしか方法はなさそうである。うむ、前回、ここであきらめて、押入れの中にしまった気がする・・・・・OS7.6にもどすか・・・・・。
PowerBook2400c180.jpg

PowerBook 2400c ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。