So-net無料ブログ作成
検索選択

OS7.6にもどす [PowerBook 2400c]

そういえば、OldMacでプログラミングがしたくて、プログラムのソフトをネットオークションで落としていたことを思い出した。押入れを探してみると、SYMANTEC C++とREAL BASICが出てきた。とりあえず、PowerBook 2400にSYMANTEC C++をインストールして、定番の”Hello World!!”を入力してみた。コンパイルはできるが、その後、ビルドして実行するとエラーで落ちてしまう。SYMANTEC C++はPowerPC用であるが、68Kにも対応している。MacOSは8までは68Kでも動作するが、8.5以降からPowerPCのみとなる。そこから推察すると、MacOS8までの対応であろうか?今、PowerBookはMacOS 9.04。う〜ん、考えた末に、MacOS7.6に戻すことにした。そこで、気がついたことがある。CD-ROMから起動する場合には、電源スイッチを押すと同時に”C”キーを押すが、OSをインストールした後にはOS用にドライバーをインストールする必要があることである。使用しているCD-ROMドライブは、PIONEERのPCP-PR24なので、PIONEERのホームページからドライバー(Pioneer CD-ROM 2.40)をダウンロードして使えるようにした。もちろん、SYMANTEC C++をインストールし、”Hello World!!”を表示させることができたことは言うまでもない。
C++.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。